シザーとバリカン どちらを使う?

Published:2016.05.14Last updated:2017.01.29

トリミングの基本となるカットですが、シザーとバリカンをどのように使い分けていますか?

出来上がりのデザインや道具の得意不得意もありますし、時間や費用など様々な条件で「今回はシザーで」「今回はバリカンで」と使い分けていらっしゃる方が大半だと思います。

また、お店によってはシザー仕上げとバリカン仕上げで料金が異なることもありますね。

顔カット中のシュナ

では、シザーとバリカンはどう使い分けたらいいのでしょうか。
なんとなくその時の気分でという方もこの機会にぜひ使い分けのポイントを押さえてみませんか?

シザーのメリット・デメリット

シザーのメリットといえば、なんといっても肌に優しいことです。
カットの時に直接肌に触れることがないため肌を傷つける心配がありません。

また、バリカンと違ってシザーは人力。
刃に熱を持つこともないため、肌だけでなく毛にも負担がかかりません。
これはカットされる犬にとって非常に大切なことです。
人よりもずっと薄い皮膚を持つ犬にとって少しの熱も負担になってしまいます。

一方で、シザーには「時間がかかる」という大きなデメリットがあります
機械的に動くバリカンと比べ速度は遅く、大型犬などの広範囲のカットを行う場合、全てをシザーで対応しようと思うと相当な時間と体力が必要となります。
時間がかかるということは当然、料金も変わってきます。

また、犬にとっても長時間おとなしくしていることは負担になりますし、老犬だと体力的に厳しい部分もあります。

バリカンのメリット・デメリット

ではバリカンはどうでしょうか。
こちらもメリット・デメリットを紹介します。

バリカンのメリットはなんといっても仕上がり時間が短縮されることです。
シザーのデメリットであげた「長時間おとなしくするのが苦手」「体力的に長時間のカットが難しい」というような犬にはバリカンが適しているといえます。

また、毛玉がたくさん出来てしまっている場合、シザーでひとつひとつを切りほぐすことは非常に時間がかかり、犬にとっても大きな負担となります。
このような場合もバリカンで手早く刈るほうが望ましいでしょう。

ただし、バリカンは先に紹介しましたように長時間の使用に適しません
刃が高温になり、毛の根本の皮膚に近い部分からカットするため火傷の危険がともないます。
とくに慣れないトリマーさんですと作業に時間がかかり、より高温になりがちです。
決められた時間で作業しなければならないという焦りから肌を傷つけてしまうこともあるため、十分な注意が必要です。

シザーとバリカン、結局どっちがいい?

ご紹介しましたようにシザー、バリカンにはそれぞれメリットデメリットがあります。

シザーを使うか、バリカンをつかうか。
それはカットする犬の様子や飼い主さんの希望、自分の技術等をもとにより適した方を選び、使い分ける力をつけることが必要ということです。

最新の記事

お知らせ